脂肪吸引ドットコム

脂肪吸引ドットコム

初心者のための脂肪吸引マニュアル

アフターケア

脂肪吸引後のアフターケアについて解説します。

手術後の注意事項が意外と多い?!

脂肪吸引は身体の組織に変化が起こるため、術後の回復には時間がかかります。その間、やらなければならないこと、やってはいけないことなど、実はけっこう規制があるのです。

ぜひ手術前に、知識として入れておいてください。

手術した部位の圧迫

脂肪吸引をしたあとは、必ずその部位に内出血やむくみ、腫れなどの症状が出ます。それらの症状の回復を早めるため、また楽にするために、ガードルやストッキング、サポーターなどの、圧迫装具を着用するようにします。

圧迫が必要な期間は腫れやむくみがひくまでですから、大体1~3週間程度です。ただ、圧迫をとると違和感を覚えることも多く、半年くらいはサイズを変えながら圧迫している方もいます。

抜糸

通常は、カニューレを挿入するために切開した部位は縫い合わせてありますので、抜糸が必要です。

一般的に抜糸は、術後1週間ほど経ったころに行います。クリニックによっては、溶けるタイプの糸を使用し、抜糸をしないで良い場合もあります。ただ、人によってはこの糸でアレルギー症状を起こすこともありますから、検診の意味でも、抜糸をしにいくのが理想的です。

マッサージ

術後1週間ほどすると、皮下が固くなってきます。これを拘縮(こうしゅく)といい、一部の脂肪がなくなった状態に脂肪細胞が慣れていないことでおこる現象です。

この状態を放っておくと、表面が凸凹になってしまいますから、腫れがひいた段階から1~2ヵ月間は、マッサージを怠らないようにしましょう。

その他、禁止事項

  • 抜糸までは入浴を控える。
  • 術後1~2週間は激しい運動や労働をしない。
  • 喫煙、飲酒を控える。

脂肪吸引後のアフターケアは、意外と大変なんですよ。

なぜ脂肪吸引後はタバコやお酒を控えるべきなのか

ではなぜ脂肪吸引後は喫煙、飲酒を控えなければならないのでしょうか。脂肪吸引後の喫煙と飲酒が引き起こす影響やリスクについて詳しく説明いたします。

タバコが与える影響について

まず脂肪吸引後の喫煙が与える影響についてお話します。喫煙による影響は2つあり、どちらも脂肪吸引の術後に深く関わります。

①ニコチンによる血行不良

タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させてしまう作用があるため、血液の循環が悪くなってしまいます。

脂肪吸引を行った部位には空間ができているので、細胞が修復されなければいけません。そのためには十分な栄養分と酸素が必要であり、血液はこれらを運ぶ大切な役割を持っています。

ところがタバコを吸うとニコチンの影響で血管が収縮し、十分な酸素と栄養が送り届けられません。そのため術後の回復に大きく影響してしまいます。

また血流が悪くなるとむくみを引き起こしてしまいます。むくみは冷えが原因で起こることが多いですが、その原因の一つに血流の悪さがあります。

特に脂肪吸引後はむくみの症状が出やすい状態となっているため、タバコを吸うことでますますむくみのリスクが高くなります。

冷えと血行の悪さによるむくみは美の大敵であり、タバコはその原因を作る大きな要因であることを理解しておきましょう。

②一酸化炭素による酸素供給不足

タバコが与える影響はニコチンだけではありません。タバコを吸うことで血中の一酸化炭素濃度が上がり、細胞の修復に必要な酸素が十分に送り届けられません。

一酸化炭素は酸素の200~250倍の割合でヘモグロビンと結合し、酸素を欠乏させてしまう性質があります。

つまりタバコを吸うことで体に行き渡るべき酸素が不足し、細胞の修復と傷口の回復を遅らせてしまうのです。

美容を意識するなら、タバコは控えるべき。脂肪吸引に限らず、美しい肌や健康な体を作るためにはタバコはまさに最大の悪とも言えます。美の基本は血行を良くすることです。

タバコが与える害は美と健康どちらにも大きな影響を与えるため、せっかく脂肪吸引を行っても傷跡が汚く残ってしまえば、台無しになってしまいます。

これを機に禁煙できることが最も望ましいですが、せめて脂肪吸引術後の回復を考え、早めの禁煙対策を考えておきたいものです。

飲酒が与える影響について

脂肪吸引後は喫煙だけでなく、飲酒も控えなければいけません。飲酒はタバコとは逆に血流を良くする作用があります。

血流が良すぎることは傷口の治りや細胞の修復にあまり良くありません。脂肪吸引後は身体の組織に変化が起こるため、飲酒をすることで逆に回復に時間がかかってしまうことがあります。

特に脂肪吸引後の内出血に大きく関わります。脂肪吸引後の部位には必ず内出血が起こります。正しく対処すれば1週間ほどで内出血は治まりますが、飲酒することにより血流が良くなりすぎて逆に治りかけていた内出血が悪化する可能性があります。

しかも飲酒後の血液はアルコール濃度が高く、肝心の酸素や栄養素は不足している状態のため、細胞修復が遅れてしまいます。

アルコールを好む方には辛いかもしれませんが、傷口が回復するまでの間は飲酒を控えるようにして下さい。

脂肪吸引術後は注意点を守ること

傷口の回復に特に影響を与えるタバコと飲酒について説明しました。脂肪吸引の術後は傷口の回復が第一。細胞の修復には酸素と栄養分が必要です。

特にタバコは傷口の回復だけでなく美容と健康の大敵です。これを機に禁煙に取り組んでみてはいかがでしょうか。

また脂肪吸引の手術に限らず、術後順調に回復するためには注意点を守らなければいけません。

禁止事項は必ず守らないと、術後の回復が遅れるだけでなく傷口が汚く残ってしまいます。

注意事項および禁止事項は必ず守り、脂肪吸引後に理想の美しい体を手に入れてください。

もしどうしても飲酒や喫煙をやめる自信がない方は、一度医師へ相談してみましょう。施術までの過ごし方などアドバイスをくれるはずです。