脂肪吸引ドットコム

脂肪吸引ドットコム

初心者のための脂肪吸引マニュアル

アフターケア

脂肪吸引後のアフターケアについて解説します。

手術後の注意事項が意外と多い?!

脂肪吸引は身体の組織に変化が起こるため、術後の回復には時間がかかります。その間、やらなければならないこと、やってはいけないことなど、実はけっこう規制があるのです。

ぜひ手術前に、知識として入れておいてください。

手術した部位の圧迫

脂肪吸引をしたあとは、必ずその部位に内出血やむくみ、腫れなどの症状が出ます。それらの症状の回復を早めるため、また楽にするために、ガードルやストッキング、サポーターなどの、圧迫装具を着用するようにします。

圧迫が必要な期間は腫れやむくみがひくまでですから、大体1~3週間程度です。ただ、圧迫をとると違和感を覚えることも多く、半年くらいはサイズを変えながら圧迫している方もいます。

抜糸

通常は、カニューレを挿入するために切開した部位は縫い合わせてありますので、抜糸が必要です。

一般的に抜糸は、術後1週間ほど経ったころに行います。クリニックによっては、溶けるタイプの糸を使用し、抜糸をしないで良い場合もあります。ただ、人によってはこの糸でアレルギー症状を起こすこともありますから、検診の意味でも、抜糸をしにいくのが理想的です。

マッサージ

術後1週間ほどすると、皮下が固くなってきます。これを拘縮(こうしゅく)といい、一部の脂肪がなくなった状態に脂肪細胞が慣れていないことでおこる現象です。

この状態を放っておくと、表面が凸凹になってしまいますから、腫れがひいた段階から1~2ヵ月間は、マッサージを怠らないようにしましょう。

その他、禁止事項

  • 抜糸までは入浴を控える。
  • 術後1~2週間は激しい運動や労働をしない。
  • 喫煙、飲酒を控える。

脂肪吸引後のアフターケアは、意外と大変なんですよ。