脂肪吸引ドットコム

脂肪吸引ドットコム

初心者のための脂肪吸引マニュアル

仕組み

脂肪吸引はどのようなことをするのか、その仕組みを解説します。

脂肪吸引はどうやってするの?

一口に脂肪吸引と言っても、様々なスタイル・術式があります。しかし、一番初めに脂肪細胞を破壊して柔らかくしたあと、カニューレと呼ばれる細い吸引器の管、小さい部分なら注射器などを使用して脂肪を吸引する方法は、ほとんど同じです。

大きく異なる部分だと、脂肪細胞を破壊する際の方法と言えます。こちらでは、ほとんどの美容外科で取り入れられている、代表的な方法を一つご紹介します。

代表的な方法・ウェットメソッド

ウェット・メソッドと呼ばれる方法で、ボディジェット、チューメセント法、ハイパーインフレート法などがこれにあたります。

ウェット・メソッドに使用する薬剤は、生理食塩水、血管収縮剤、麻酔薬などを配合した液体です。これをカニューレの先から脂肪層内に注入し、それによって脂肪細胞をふやかしてやわらかくします。そして、やわらかくした脂肪を、カニューレで吸引していきます。

この方法は出血が少なく抑えられるため、ある程度の分量の脂肪を吸引しても貧血を起こしにくいというメリットがあります。

超音波やレーザーで脂肪細胞を破壊する仕組み

脂肪細胞を破壊する方法には、レーザーや超音波を体の外から、または体の中に直接照射するやり方もあります。体内式・体外式超音波、ベイザーリポ、エルコーニアレーザーなどがそれに当てはまります。

しかし、どの方法も脂肪を吸引する際には、カニューレを挿入しなければいけないので、皮膚を切開することは避けられません。

もし切開したくないと考えているのであれば「切らない脂肪吸引」と呼ばれる、痩身治療がお勧めです。ただし、脂肪を大量に取ることができなかったり、何度も治療を受ける必要があったりなど、かえってお金がかかる場合もありますから、一長一短ですね。