脂肪吸引ドットコム

脂肪吸引ドットコム

初心者のための脂肪吸引マニュアル

体外式超音波

超音波を使った脂肪吸引の一つ、体外式超音波の特徴を調べてまとめました。体内式超音波との違いも説明しています。

皮膚の外から脂肪を吸引する体外式超音波とは?

体外式超音波脂肪吸引(EUA)は、別ページで紹介した体内式超音波と同じく、超音波を利用した脂肪吸引です。体内式と違うのは、その名のとおり、体の外から超音波を当てることです。

超音波には熱を出す習性があります。体内式超音波脂肪吸引は、皮膚を切開して体内に超音波を照射するため、皮膚内部が火傷する恐れがあります。

それに対して体外式超音波脂肪吸引は、身体の外から超音波を当てるため、皮膚内部が火傷するリスクを抑えることができるのです。

体外式超音波は、まず装置を皮膚に押し付けて、間接的に脂肪に超音波を当てます。それによって脂肪細胞が破壊、または結合していた組織が緩まり、脂肪が柔らかくなります。その後、カニューレを挿入して、柔らかくなった脂肪を吸引していきます。

体外式超音波のメリット・デメリット

★メリット

体外式超音波の最大のメリットは、体内式に比べて副作用が少ないことでしょう。また麻酔効果が高く、脂肪吸引時の出血も少なめです。

超音波の働きは、脂肪細胞を柔らかくほぐれたようにしてくれます。そのため、細いカニューレで繊細な吸引を行うことができます。皮膚の引き締め効果もあります。

この方法で吸引した脂肪は、他の部位に注入することもできます。

★デメリット

体外式超音波脂肪吸引も他の例に漏れず、ドクターには高い技術が求められます。

体内式では皮膚内部が火傷する危険性があるのに対し、体外式では皮膚表面が火傷する危険性があります。

ダウンタイム

ダウンタイムは、脂肪吸引の程度や部位、また個人によって差があります。一般的には10日前後と短めです。

費用の目安

手術料金はクリニックによって異なり、脂肪吸引する部位によっても差が出てきます。一般的には、太もも全体やお腹全体など、一つの部位をまるごと吸引するのに50万円前後といったところでしょう。

アフターケアや麻酔の追加などで料金が加算される場合もあります。