脂肪吸引ドットコム

初心者のための脂肪吸引マニュアル

初心者のための脂肪吸引マニュアル

初心者のための脂肪吸引マニュアル 脂肪吸引ドットコム » 脂肪吸引の方法 大全集 » ハイパーインフレート

ハイパーインフレート

ハイパーインフレート法について調べて解説しています。チューメセント法と比べて良くなった点とは?

進化型治療法・ハイパーインフレートとは?

ハイパーインフレート法は、別ページで紹介したチューメセント法をより進化させた脂肪吸引法です。チューメセント法に比べ、表層や中間層まで、より広範囲な脂肪吸引が可能で、ムラも発生しにくいという特徴があります。

ハイパーインフレート法では、麻酔薬と止血剤と生理食塩水を混合した溶液を皮下脂肪層に注入し、脂肪を浮かせながら吸引します。チューメセント法よりも安全に大量の脂肪を吸引できます。

チューメセント法と同じく、麻酔や止血剤などを大量に使用するため、医師個人の技量に左右されることに注意が必要です。実際に、皮膚の凸凹やたるみ、脂肪の取り残しなどのトラブルが報告されています。そのため、技術力が高く評判の良い医師をあらかじめ口コミなどで調べておくことが大切になります。カウンセリングやアフターケアをしっかり行っているクリニックから、慎重に選びましょう。

ハイパーインフレート法のメリット・デメリット

★メリット

ハイパーインフレート法は、チューメセント法と同じく、出血を抑えながら脂肪を吸引できます。

チューメセント法より発達したのは、浅層や中間層の脂肪吸引が容易になったことです。均一に脂肪を吸引でき、肌がデコボコになるのを防ぐこともできます。

★デメリット

他の脂肪吸引もそうですが、ドクターには高い技術が求められます。

失敗して肌に凸凹ができてしまうなどのトラブルもありますから、美容外科を選ぶときは慎重さが必要です。

ダウンタイム

一般的に腫れやむくみが2週間程度続きます。ただし、ダウンタイムには個人差がありますので、この限りではありません。

費用の目安

ほとんどの美容外科では、ハイパーインフレート法のみの脂肪吸引は行っていません。よって、正確に金額を調べることはできませんでした。

ただ、ハーパーインフレート法をより進化させたPAL法など、いくつかの脂肪吸引手術を組み合わせた料金で調べると、太ももで30万~70万円程度と、かなり開きがありました。

脂肪吸引名医がいる

クリニック

4

今すぐ見る