脂肪吸引ドットコム

脂肪吸引ドットコム

初心者のための脂肪吸引マニュアル

シリンジ

脂肪吸収の一つシリンジ法とは何かを調べました。治療を受けた場合のメリットとデメリットも掲載しています。

カニューレを使わないシリンジ法による脂肪吸引

脂肪吸引の一つであるシリンジ法とは、注射器の陰圧(内部の圧力が、外部より小さくなっている状態)を利用して脂肪を吸引する方法です。

シリンジ法では、大抵の脂肪吸引で使われているカニューレと呼ばれる吸引管を使用しないため、皮膚を切開する必要がなく、手術時間も1部位30分程度です。そのあとのダウンタイムも少ないことが特徴です。

シリンジ法は大量の脂肪を吸引するには不向きなため、メインで行っている美容外科は少数傾向にあるようです。ただ、顔など繊細な部分の脂肪を丁寧に吸引できたり、取った脂肪を他の部位へ注入できたりとメリットも多く、積極的に取り入れているクリニックもあります。

シリンジ法のメリット・デメリット

★メリット

シリンジ法は皮膚を切開しないため、吸引によって皮下組織を傷つける危険性が低く、術後の回復も早いと言われています。

注射器を使用するので脂肪の吸引量も正確にわかります。作業は手で行うため、デリケートな部分の脂肪吸引もきれいに施術できるというメリットもあります。

★デメリット

カニューレを使用しない分、脂肪吸引できる量は限られています。多量の脂肪吸引をしたい場合は、他の方法をおすすめします。

この脂肪吸引法も例に洩れず、医師の技術と経験が少ないと失敗のリスクは高くなります。シリンジ法に熟練したドクターはまだ少ないので、クリニック選びは慎重にしましょう。

ダウンタイム

ダウンタイムには個人差がありますが、短くても2週間程度は見ておきましょう。

切る手術ではないので、鈍い痛みは1ヶ月程度続きますが、基本的には手術の翌日から日常生活ができるようになります。

費用の目安

シリンジ法で脂肪吸引をする場合、顔などの小さな部分がほとんどです。ある美容外科の例では、両ほほで25万円程度。

この施術を脂肪吸引のメインにしているクリニックもあります。その場合、太もも全体で30万~80万円程度で、腹部全体で20万~60万円程度見ておくといいでしょう。

クリニックによっては、術前術後のケアがしっかりしている場合もあれば、余計なお金を取られている場合もあります。事前によく確認することが大事です。