脂肪吸引ドットコム

脂肪吸引ドットコム

初心者のための脂肪吸引マニュアル

脂肪吸引ドットコムTOP » 脂肪吸引クリニックの選び方 » 3、負担のない治療である

3、負担のない治療である

美容外科を選ぶときは、身体に負担のない脂肪の吸引法を行っているところを選びましょう。

安全性の高い脂肪吸引手術ほど回復も早い

身体に負担がかからない手術をしているクリニックを選ぶことは大事です。

身体に優しい手術は、手術後の回復を早めてくれますし、とくに脂肪吸引の場合は、腫れや内出血などの副作用でひどくなるのを防ぐことができます。

脂肪吸引は、経験の浅いドクターにとって難しい手術です。それは病気を治すことが目的ではなく、美しくすることが目的の手術だということも一つの原因でしょう。病気の治療だったら、切り取るべき部位をなくすことだけが重要なので、多少傷跡が残っても仕方がありません。

でも脂肪吸引は、傷跡がわからないように取り除かなければならないのです。

傷跡を目立たせないためには?

脂肪吸引では、傷跡を目立たせないために、ヘソや肘、耳の後ろなど、分かりにくい場所からカニューレを挿入することがあります。このようなカニューレの使い方は、脂肪を吸引したい部位によっては、無理矢理になってしまい、身体に負担をかけてしまうこともあります。

身体に負担のかかる方法で脂肪を吸引すると、ひどい場合は凸凹になったまま治らないこともあります。

最近は技術の進歩によって、細いカニューレを使用することで、傷跡も目立たないようにすることができるようになりました。とはいえ、まだまだクリニックによって、差は大きいのです。

例えば、共立美容外科のKBシースと呼ばれる器具は、カニューレの上下運動による肌の負担を軽減させる効果があります。これを装着して手術を行うかどうかで、術後の苦しみがうんと違うのです。これは体験談を探してみると、明らかです。

麻酔は技術のあるドクターなら安心

また麻酔にも注意が必要です。全身麻酔や静脈麻酔は人を仮死状態にするため、立ち会う医師も危険がないようにかなりの注意を払っています。それだけ、危険ととなり合わせの麻酔なのです。

本来、全身麻酔は、脂肪吸引のような美容の手術に気軽に使うような麻酔ではないのです。現在、外来の脂肪吸引で最も安全性の高い麻酔は、硬膜外麻酔だと言われています。硬膜外麻酔は知覚神経だけに作用させることができ、広い範囲の手術にも適しています。

このように脂肪吸引の技術は、ドクターやクリニックによって少しずつ差があります。身体に負担のかからない手術をする美容外科を選ぶことも重要ポイントの一つなのです。