脂肪吸引ドットコム

脂肪吸引ドットコム

初心者のための脂肪吸引マニュアル

2、適正料金である

脂肪吸引を受ける美容外科を探すときは、費用が適切かどうかをチェックしましょう。

明確な費用を提示してくれる脂肪吸引クリニックを選ぶ

脂肪吸引にかかる費用は非常に高額です。クリニックを選ぶ際は手を抜かず、しっかりと見極めることが大切です。

クリニックの中には、最初に明確な料金を提示せずに、治療後に多額の施術料を要求するところもあります。クリニック側はしっかり説明をした気でいても、初めて脂肪吸引を受ける人は、よくよく説明してもらわないとわからないものです。

そのようなトラブルがおきないためにも、カウンセリングに時間をかけているクリニックを選ぶべきです。実際に訪ねたときには、追加料金などの説明をしっかり聞くことを忘れないように。親切なクリニックでも、こちらの思い込みで誤解してしまうこともあるからです。

ちなみに、ホームページに書いてある料金は、費用のほんの一部であることが多いので注意しましょう。

≪名医がいるおすすめの脂肪吸引クリニックランキング≫

 

部位ごとに脂肪吸引の値段相場を徹底比較!

では、脂肪吸引の値段は安い方が良いのでしょうか?それとも高い方が良いのでしょうか?

それは、どちらともいえません。安すぎる場合は、アフターケアがいい加減なこともあるので、注意する必要があります。高い場合は、不必要なことにお金を払わされている可能性もあります。

なるべく、費用の内訳をしっかり説明してもらうようにしましょう。そして、可能な限り多くのクリニックへ通い、それぞれ比較するようにしてみてください。

上の各クリニックの価格を参考に、各施術部位での値段の相場をまとめました。

脂肪吸引 値段相場
施術部位 値段
201,600円
二重あご 100,800~151,200円
両側バッカルファット 432,000円
二の腕 280,000~420,000円
お腹 1部位 324,000円
お腹全体 648,000円
両ウエスト 200,000~300,000円
下腹部 380,000~570,000円
上腹部 200,000~300,000円
側腹部 200,000~300,000円
下半身
太もも 380,000~570,000円
ふくらはぎ 380,000~570,000円
臀部(おしり) 380,000~570,000円
背中 380,000~570,000円

手術後の予想外の出費も頭に入れておく

脂肪吸引は手術が終わったらおしまい、というわけにはいきません。クリニックの費用以外に、アフターケア代でお金が逃げて行ってしまう人も少なくありません。

例えば、日を追うごとにサイズが小さくなっていくためにガードルが合わなくなり買い替えをしたり、圧迫している場所がかぶれるのでクリームをあれこれ試してみたり…。

手術後しばらくは違和感があることも多いので、その間、少しでも快適に過ごそうとお金を使ってしまうはめになるようです。

これから手術を受ける方は、予想外の出費も考えておきましょう。

費用がクリニックによって差が出るのはなぜ?

クリニックによって脂肪吸引の費用はピンキリです。違いはなぜ発生するのでしょうか。

追加でかかる費用

美容外科手術を受けるときに最初に確認することは、費用の面でしょう。脂肪吸引手術には、手術の技術料のほか、手術前の検査費用、麻酔の費用、手術後の圧迫装具の費用がかかります。しかし、多くのクリニックでは、脂肪吸引手術の技術料だけを表示しています。

表示金額が脂肪吸引手術とその他の費用とで別建てになっている場合は、一見安く見えても麻酔代金などが細かく設定されていて総額が膨らむところもあります。逆に、一見高く見えても追加料金はほぼかからないという料金体系になっているところもあります。いずれにしても、思っていたよりもお金がかかってしまった!ということのないように、基本料金に含まれるものとそうでないものの確認が大切です。

施術方法の違い

脂肪吸引の術式にはさまざまなものがありますが、どの方法を選んでもほとんど効果やダウンタイムに違いはないということもありえます。美容外科業界は、生き残りが厳しく、常に新しいものが求められる世界なので、新しい術式がどんどん考案されているのです。美容外科も経営なので、新しい術式に関心を持ってもらえるように、定期的に最新機器の導入を行ったり、術式の価格を見直したりしています。

自分にあった術式を選ぶときは、事前にいくつかのクリニックで情報収集をして、気になるものをチェックしておきます。どの術式を選んでよいか分からない場合は、カウンセリングでその術式のメリットとデメリットを説明してもらうとよいでしょう。複数のクリニックでカウンセリングを受けると、説明の妥当性も分かります。ドクターではない私たちは、あくまでもクリニックやドクターの対応が誠実で納得できるかどうかで、手術の種類をどれにするか選ぶことになるのではないでしょうか。

範囲が違う

脂肪吸引手術の価格は、吸引範囲の広さによって決まっています。吸引範囲が広いと、手術にかかる時間や使う薬剤の量も増えるので、吸引範囲が広い方が価格は高く設定されています。

吸引範囲はクリニックによっても違いがあります。たとえば、太ももの脂肪吸引の場合、ひざの上やひざの内側も料金内に含めているところと追加料金がかかるところがあります。カウンセリングの際には気になっている部分が基本料金の範囲に含まれているかを確認しておきましょう。

クリニックの諸事情

これまでも他院で美容外科として勤務していた医師が独立して、開院したというケースではスタートアップの集客のためにキャンペーンを実施していることがあります。開院当初は、そのクリニックでの実績もなく固定客もいないので、まずは実績づくりをしたいと考えるクリニックは多いものです。

開院したばかりのクリニックは、ドクターのこれまでの経歴をチェックしてみてください。美容外科の経歴が5年以上あれば、経験としては問題ないことが多いでしょう。

モニター価格

モニター制度とは、HPや広告に使用する写真や動画の撮影に協力することを条件に割引価格で手術を受けられる制度です。多くのクリニックで実施していますので、候補のクリニックに制度があるかを調べてみましょう。通常価格よりも20%から40%の割引き価格で脂肪吸引手術を受けられるケースが一般的で、手術費用を抑えたい人は積極的に利用したいですよね。

デメリットとしては、通院回数が増えることや、写真や動画に顔が写る場合は、知人や友人に脂肪吸引手術を受けたことが知られてしまうリスクがあることです。また、モニター制度の場合は、正規料金で手術を受ける人とは保証の内容が異なっている場合があります。アフターケアの内容については事前にきちんと確認しておきましょう。制度を利用するかどうかを判断するためにも、合わせて、撮影する部位や範囲も確認しておくと安心です。